--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005.09.23

「逆転裁判 蘇る逆転」 感想文

全話クリア。

以下追加シナリオの感想。

・相変わらずヘタレな新米弁護士
・相変わらず受け受けしくもツンデレな検事
・相変わらずマヌケすぎる裁判長
・相変わらずうっとおしい小娘(not マヨイ)
・相変わらず証言台でボロ出しまくりの証人たち
・捜査官から主席検事に即転任? どうなってんだ2017年の司法事情
・「矛盾」の故事くらい知ってるよ
・違法捜査スレスレ……ってかやりすぎ!
・完っ全に弁護士と検事がグルなんだが良く考えると恐ろしいぞそれは……(いくら真実を暴くためとはいえ……)
・というかむしろ公式設定で「2人で1人」かよ!(ラストの主席検事のセリフより)

いやー面白かった。
追加って、移植にあたってのおまけみたいなもんだと思ってたら、ものすごいボリュームで。
DS機でしかできない新要素……って、画面に向かってフーフー吹いてる自分はとてもマヌケだったと思います。
電車の中でやってなくてよかった。
被告台に立たされた第4話に続いて、またしても検事が不幸。萌。

いやしかし検事の部屋はあれ狙ってるんですよね。
あれって、あれですよ。
チェス盤。
あれを見る度、御剣検事は成歩堂弁護士のことで頭がいっぱいになるんですね。
というか仕事机から常に目に入る位置にあるので、つまり一日中というわけでよろしいですか。
もぉ、素直じゃないんだから。
ついでにノコギリ刑事はそれを見て勝手にジェラってる、と。(それ以前にあの配置の意味に気づいてないに一票)

それはともかくこのゲーム、上層部や権力者がトコトン悪いし黒い。
まあ実際そういうイメージあるし、そういう人間を糾弾してこそカタルシスもあってゲームとしては良いんだけどさ。

ふと思ったのが、「白い巨塔」第2部の財前の裁判で。
これを弁当屋側からみたのが逆裁……ともいえるのでは。あれは民事だったけど。
マイドラマ史上憎いキャラランキングNo.2、柳原の「その証言は嘘です!」は、逆裁でいう成歩堂(なるほどう/人名)の切り札「異議あり!」あるいは助け舟の「待った!」なのだと考えると、このゲームが純粋には楽しめなくなります。(駄目じゃん)
弁当屋側の弁護士からしたら、圧倒的不利な条件でまさに大逆転勝利! だもんな。
でも、財前には財前の、事情があったわけで。
まあ国平
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://sweetvanilla666.blog27.fc2.com/tb.php/87-9cd55668
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。