--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005.07.19

何一つ変わらずに今も僕は駆けて…

『Link/Promised land2005』フラゲ。

軽い。軽すぎる。

曲も、音も。何より歌詞が。私がラルクに嵌ったきっかけだったhydeの歌詞が。
私が好きなのは彼がことばで作り上げる世界、だった。
『AWAKE』から続く、ただ切に未来を祈るメッセージ。 彼の口にする希望や平和な未来は、薄っぺらな作文のようだ。
彼は私の倍近く生きてて、すでに人の親で。思うところは沢山あるだろうに『AWAKE』の各曲もこの「Link」もすべて同じようなことを言ってるのは何故? テーマをひとつに絞ったって切り口は沢山あるだろう。
人には得て不得手というものがあって。こういうテーマをもっと深くもっと上手く伝えられる詩人は沢山いる。だから黙れと言うつもりは毛頭無いが、もう少しアタマ使ってよ。
楽曲は、世間一般的にいう所謂tetsu曲。でも疾走感もポップさも今までのものに及ばない。
私の中ではこれがアルバム曲なら2周目以降即飛ばす、そんな位置付け。多分今日何度か聞いて終わり。
とか言いつつどうせ、ライヴで演られたら間奏で手拍子するんだろ? みたいな。
結局そんなだから情けない。
ストリングスと、サビのギターのカッティングと、PVは、ちょっとだけ好き、かも。

「Promised land2005」に関してはもう言葉も出ないというか。
そりゃね、SSDで「trick」を替りばんこに唄うのを見たときや、SMILE TOURで初めてP'UNK~EN~CIELを見たときは、楽しそうなメンバーにこっちも頬が緩んだよ。
でももう止めないか? すでにパンクでもなんでもない、ただの昔の曲の焼き直し(しかも劣化済)。
ワンツースリーギョー言ってりゃ良いってもんじゃない。

「遊び心」と「お遊び」は別物だ。

正直この曲に金払ってると思うと反吐が出そう。
こういう奴が「来なくてもいいよ 見なくてもいいよ(from 「bravery」)」とか思われるんだろうなw
けれども何でも醤
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://sweetvanilla666.blog27.fc2.com/tb.php/47-4615dda6
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。