--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005.07.04

SEX,DRUG,ROCK'N ROLL


長嶋さんに気を取られて忘れていたが、サイコルシェイムのヴォーカルDAISHIが捕まって昨日で1ヶ月になる。
知るのが遅く、乗り遅れたので今更話題にさせていただく。
薬というとどうしてもスルー出来ない私。最悪な記憶がフラッシュバックする。

ライヴ前日だったんだって?
馬鹿だなあ。
上り調子で忙しい時、もしも捕まったらどうなるか、どれだけの人に迷惑がかかるか、どれだけの人が悲しむか、少しでも考えなかったのだろうか。
(それ以前に覚醒剤所持は立派な犯罪でしてはいけないことだがそれは前提として)

3rdアルバム絶好調、アニメ「るろ剣」(当時ジュディマリ、川本真琴、イエモン、TMRらが続々ブレイクしていた)のEDとしてオンエア開始、そのシングルの発売間近、って時に捕まった某£のドラマーを思い出す。
彼は結局リーダーの決断で切られたわけだが、そのことでVo.は事務所で泣き、G.は煙草を始めたという。
その決断が結果的にどうだったかここで言うつもりはないけれど。
今までやってきたメンバーが抜けるというのは、そういうことだ。

彼らは、待つのだろうか。

ただやはりヴォーカルが替わるというのは他のパートが替わるのとは意味が違う。
もちろん楽器隊がメンバーチェンジしても演奏面で大いに影響が出るのは当然だが(特にsakuraとyukihiroの違いは顕著だ)、ヴォーカルはどうしたってバンドの顔であり、まず最初に聴衆の耳に訴えるものだからだ。(まれに、WANDSのようにあれ? 本当に替わったの? というケースもある。あとMALICE MIZERはヴォーカル3人目だった)

ファンは待つのだろうな。
そういうある種狂信的なファンの存在が、アーティストの甘えを生んでいるのは否定できない事実だろう。


――ここからは、犯罪に関しては勿論捕まった人間が悪い、それを前提として言わせてもらう――


それにしてもマスコミというのは酷いもので、何かスキャンダラスな事件がある度、ヴィジュアル系を大々的に取り上げる。
しかし逆に、音楽活動は驚くほどに無視するのだ。
かつてのGLAYの20万ライヴ、ラルクのアルバム2枚同時――極端なことをしなければどこにも取り上げられない。
宇多田が全米デビュー(2度目)するというときあれだけ馬鹿みたいに騒いでいたマスコミ。
かなりの数のバンドが欧米で単独公演かましているのは悉くスルーですか。
需要と供給の問題、そんなことは承知の上。
それならば、(今回のような犯罪は別として)誰それが嫁にDV疑惑だとか(しかもデマ)、誰それが番組収録中に帰っただとか、誰それが売れない時代を支えてくれた嫁子供を捨ててゲーノージンと再婚しただとか、そんなことだって大衆は興味がないのではないか。
そんなことばかり面白おかしく書き立てる。どういうつもりなのか。
アンチが多いから貶した方が受けるんだろうね。それも解っているんだけどね。
それでも何か釈然としないV系ヲタの独り言。
たぶん逆の立場から見たらとても馬鹿なことを言っているんだろう。

スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://sweetvanilla666.blog27.fc2.com/tb.php/30-8ffd7c67
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。