--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005.06.21

その先に感じるは絶頂か、絶望か


ブクマに学友のblog追加。
Flashing Winds by Trickster
忙しい部活と難しい勉強を両立できてるがんばり屋さん、且つ、性格は和み系。
かなり憧れであります。
話題は吹奏楽が中心。だけれども端々で意外と私と趣味がかぶっていることが判明し驚きを隠せません。今度語らせてください。


ところで。


AWAKE』フラゲ予定まであと数時間を切った。

いまいち実感がわかない。
ラジオもネットも雑誌も一切我慢して先行情報を遮断しているせいだろうか。
私が把握しているのはジャケと曲名と作詞作曲者名のみ。
タイトルや先行シングルからすると、『HEART』に感じる重みや『ray』に漂う乾いた絶望感は到底望めそうにないので、果たしてそこに「私の勝手な理想の」ラルクが存在するかどうかは甚だ疑問である。
しかしバンドの状態が良いときに作られた作品はえてして聴いて心地良くなるもので。それは『REAL』を聴いて逆の感情を催したことからもかなり確かなことだろう。
そういう意味では、今回の作品はやはりかなり期待できるのでは……とか。
彼らがどうしようもない駄作を世に出すはずはないなんてことはとうに解っていて。
一定のクオリティは当然だからこそ多くを望み過ぎて肩透かしを恐れる。
このジレンマを何度繰り返しただろう。
アルバムが出たらとりあえず買う、レベルのアーティストは数いれど、こんな気持ちになるのは彼らに対してだけだ。
私はいったい彼らに何を望んでいるのだろう。
どうすれば満足できるのだろう。


あと4時間。
丁か半か天国か地獄か。
どう転んでも今更後に引けず彼らを追い続けるしかない悲しさよ。
それは前作『SMILE』で気づいてしまったこと。
惰性ではない、単なる情ではないはずだ。それでも時に不安になることもある。
今日手にする新たな宝物が、どうかこの感情を払拭してくれますように。



季節は色を変えて幾度巡ろうとも
この気持ちは枯れない花のように揺らめいて
君を想う

愛する輝きに溢れ明日へ向かう喜びは
真実だから

『叙情詩』 L'Arc~en~Ciel



スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://sweetvanilla666.blog27.fc2.com/tb.php/21-a3e0d745
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。