--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005.12.21

一生の不覚

新井理恵の「×-ペケ-」という4コマ漫画をご存知だろうか。

別コミ連載作品で、少女マンガ絵不条理4コマの先駆け。
作者の笑いのセンスとひねくれが最大限に発揮された、日常の中のブラックギャグは必見。
まさに傑作である。
これにインスパイヤされた作品としては「そんな奴ぁいねえ!」や「B.B.JOKER」が代表的だが、やはり本家にはかなわない。(「B.B.JOKER」は後続作品の中ではかなり笑えるほうではある)
未読の方はぜひ読んでみてほしい。今ではどこの古本屋にも100円で出回ってるのでw

この「×」、作中いくつかのシリーズにわかれていて、それぞれにメインキャラクターがいる。
その中でも私が最も好きだったのが「高校落書」の山本晃司だ。美形だし本当はいい奴なのに、ツッパリでオクテでロリコンでテーマソングはKANの「愛は勝つ」。そんなキャラ。

その彼が実は「高校教諭」の高校教諭同一人物だったなんて!
そして広瀬があの舞子だったなんて……

全っっっ然気づかなかった。
あるサイトで知ったのだが、そこで挙げられている根拠を見ればなるほど納得。
というか、ここまでされて、最終話見て、気づかない私がどうかしてる。
そういえばそれらプラス、作者コメントにも一回ヒントがあった気が。
どれもこれも気にせず読み流していた。
誇張抜きに、(主に高校大学両受験期に)何十回と読み返していた大好きな作品なのに……

心より恥じる。

個人的に彼には一生童貞街道を突っ走って欲しいものだが。最終話を見るにそれは叶わないか……

ちなみにこの作者、おそらく元バンギャで、故意に似せてないYOSHIKIの似顔絵を描いたり、「悪の華」というシリーズタイトルをつけたり、作者コメントで「君ニ告グ夢ハ終ワラナイ」などと呟いたり、他にも色々パロディしているのだが、それはまた別の話。
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://sweetvanilla666.blog27.fc2.com/tb.php/191-8e6e2e94
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。