--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005.06.19

ゆずの『てっぺん』を聴くたびに心が軋む臆病者の或る夜


そこそこ名の通った学校に通うと、それだけ偏見も付き纏う。たいていは、ガリ勉、黒髪眼鏡など、一笑に付せる馬鹿げたものであるのだが。
先日バイト先の先輩に話の流れで通学先を明かしたところ、彼は、よくあることだが一瞬黙り、よくあることだが一歩引いた。
そんないい加減慣れれば良いだろう相手の反応に律儀に傷ついていた私に、追い討ちをかけるように彼はこう言った。

「コピーキャット多そう、やな」

(氛t
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://sweetvanilla666.blog27.fc2.com/tb.php/18-338e7480
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。