--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005.10.11

チャーリーとチョコレート工場

やはりティムバートンはネ申。最高。

セットと演出とジョニーデップに惚れ惚れしました。

ジョニデがめちゃんこ可愛いです。キモカワイイ。
挙動不審なところも、パパに一人で会いに行けないところも、チャーリーについてきてって素直にいえないところも、恐る恐る抱きつくところも、萌え萌え。
ウォンカタンかわいいよウォンカタン。
でもちょっと嫌な奴だけどね。

ストーリーは、教訓色強すぎる印象も。
外見からして(失礼)いいめ見そうにありませんでしたからねチャーリーくん以外の子供は……
でも、めいっぱい可愛いものを使っているので、毒々しさとのギャップが逆に良かった気もします。
謎の民族ウンパルンパもいい味出してました。

私が一番ウケたのは、ぷちウォンカタンが家出して世界各国を旅し……たと思ったら、そこは単なる国旗展示場でした、ってとこ。
いやあ、普通にありきたりな手法だと思ったら見事に引っかかりましたわ。

「容疑者」の感想に比べてすいぶん簡潔になってしまいましたが、悪くはないですよ。
普通の洋画と比べるとかなり特殊ですが。
映像で魅せられたい方は、ぜひ。
ちょっとテンション高めのときに行くといいかもです。
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://sweetvanilla666.blog27.fc2.com/tb.php/111-8e0c6714
この記事へのトラックバック
製作年度:2005年製作国・地域:アメリカ/イギリス上映時間:115分監督:ティム・バートン製作総指揮:マイケル・シーゲル[製作] 、ブルース・バーマン 、グレアム・バーク 、フェリシティ・ダール 、パトリック・マコーミック原作:ロアルド・ダール脚本:ジョン・オーガス
「チャーリーとチョコレート工場」 | ブログ-M's BLOG-M[エム] at 2005.10.12 00:38
この映画の最大の魅力はカラフルでポップな独特の映像世界だと思います。 CGに頼りすぎず、できるだけセットで作りこんでいるという独特で摩訶不思議な映像の世界は素晴らしいです。 そして、工場の従業員である小人のウンパ・ルンパのダンスや、半年かけて調教したという
チャーリーとチョコレート工場 | シアフレ.blog at 2005.10.16 11:17
★★★★★ヤッピ
チャーリーとチョコレート工場を観た! | シネマぶー at 2005.10.17 09:14
分かりやすいストーリーとは裏腹に、奇怪な創造物の数々。そしてその風景に異様なほどはまっているのがジョニー・デップでした。工場に招待されたチャーリーは、夢のような体験を次々として行きます。チョコでできた木や川、そして小人のおっちゃん。ウンパ・ルンパ族という
チャーリーとチョコレート工場/ジョニー・デップ | 文学な?ブログ at 2006.06.11 17:09
この記事へのコメント
TBありがとうございます!
オレもティムバートン作品で久々にキマシタ。
Posted by ぶー at 2005.10.12 07:51 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。