--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005.07.31

大阪で結成された某バンドのこと

関西人なのにMBSアニフェスにも行かず引き続き愚痴です。

リキッドでドッキリ。
前夜祭……奇跡が起こる! ってクララが立ったらしいですね。
そういう手の込んだネタも、そもそもFC会員の為のライヴだからなのかなあと思うと、悔しさと虚無感でいっぱいです。
メンバー(特に全快してないであろうkenちゃん)も可哀想に。
『AWAKE』全曲は演らなかったみたいですね。本編でのお楽しみってところでしょうか?
All dead演ったってマジっすか!? だとしたら悔し杉……


ところでいっこ下の記事で書いた、FCから届いたTV出演情報のことですが。
「映画『鋼の錬金術師』人気の秘密大追跡SP」にhyde出演……って……昨日放送ってことだったんですが。

関西ではもう終わっとるやないか!!!

メール届いた時点でね。とっくに放送済でしたよ。フザケンナと。

これはもう本気で、前夜祭に関する抗議緩和の為の措置として慌てて情報を流したと捉えてよろしいんですね?

急遽出演決定、って訳じゃないでしょう。とっくに収録は終わっていてはずですから。
別にメルマガに載せる日時は首都東京様に合わせていただいて何ら問題ありませんけれど、せめて放送前に知らせんかいこのヤロ、と。
シークレットや箱ライヴはいつも当然のように都内のみだし、大阪でやるかと思えば「残席わずか」、馬鹿にするのもいい加減にしてください。

それとも、金を払って加入しているFCなんかの情報に期待している私が悪いんですか?

前回から金カネ言ってるのは、別に5000円/年が惜しいというわけではなく、「有料」であることの意味をもっとしっかり認識して欲しいということです。言うまでも無いことですが、念の為。

※エントリータイトルは……この件がメンバーのせいだなんて思ってるわけじゃないですよ。
でも、関西弁もすっかり抜けた彼らが大阪でのライヴで「ただいま~」って言うのは、ファンサービスのつもりだろうけれども逆に「そう言っときゃ喜ぶとでも思ってるんだろ」という気持ちになってしまいます。
だって普段の活動において、全く関西への愛なんて感じられないんだもの。スミレDVD収録数しかり。
別に彼らの出身が大阪ではないのだから当然かもしれないけれど、だったらリッピサービスもやめてくれと。落差が悲しいです。
こう感じているのは私だけかもしれませんが。

スポンサーサイト

Posted at 05:46 | L'Arc | COM(0) | TB(0) |
2005.07.29

組織⇔会員の信頼関係は何より大切では?

もう事後ですし周知の事実と思われますので、すでに掲示板等で議論を醸しています、例の前夜祭について少し。

今回のAWAKE TOUR前夜祭はFC会員限定で都内某ライヴハウスで行われる予定だったのですが……
何故か、チケット予約時に会員番号入力不要。
つまり電話番号さえ違えば一人で何枚でも入手できるというわけです。
結果、予約開始から約15分で完売、半分近くが業者の手に渡りヤフオクに高値で流出、と言う非常に残念なことになってしまいました。

もちろん業者、そしてそれに入札する良識の欠けたファンが悪いのはいうまでも無いことですが、やはり、今回一番責められるべきはLECIELでしょう。
回線が多いほど、また高確率で電話が繋がるほどチケットが多く取れるというシステムで、今回のようになることは容易に想像できたはずです。そんなことは一ファンでも判ります。

LECIELはこれまでも、ヤフオク等に関する取り締まりは相当厳しく行ってきました。
友人に譲ったチケットを知らないうちに勝手に出品されて、FC除名になった人の話を聞いたことがあります。(真偽は不明ですが)
それが、今回はほぼ野放し。
内部が、または内部の一部が業者と結託していると思われても仕方ない状況です。

また、この騒動についての対応も悪かったと聞きます。
現に、LECIEL側から今回のことについての一切の弁明は今のところありません。
その代わりに、今まではほとんど告知していなかった情報番組への(コメントの?)出演情報を大量に送りつけてきました。
この情報大量送信には覚えがあります。
今年はじめの、kenちゃんと田中麗奈の熱愛報道の際です。その際もそれをかき消すかのように、今後の活動情報が一気に明かされました。
これで誤魔化したつもりでしょうか?
逆に、意図を色々と邪推して、一層の不信感を抱かざるを得ないと思うのですが。
おそらく、今回のことについての抗議が次回に活かされることも無いでしょう。

ラルクを好きな以上、FCに入っていないと色々と不利なことがあるわけで、今回のようなことが起こってもFCの管理体制を理由にやめる人はそういないでしょう。ファンは弱い立場にあるわけです。
しかし、そういうファンの弱みを逆手に取った活動がこのまま許されていいはずがありません。
FC管理者の方々には、ファンは金を払ってLECIEL会員になっているのだということをよく理解していただきたいと思います。

最後に――メンバーはこのことを知っているんですかね?
もし知っているなら、特にリーダー。外部の雑誌編集部やファンを攻撃してラルクを守るのではなく、内部が信頼されるよう正す方が先なのではないですか。

以上、こんなところで吠えていても何が変わるわけでもないでしょうが、我慢ならないので言わせていただきました。


Posted at 01:12 | L'Arc | COM(0) | TB(0) |
2005.07.28

毒喰らわば皿まで:2005/08/01 付シングルチャート

せっかくだから結果をば。

1 NEW SCREAM GLAY×EXILE   305795 2005/07/20
2 NEW Link ラルク アン シエル   156084 2005/07/20
3 NEW BOHBO No.5/神の島遥か国 サザンオールスターズ   146700 2005/07/20
4 NEW プラネタリウム BUMP OF CHICKEN   134667 2005/07/21
5 ↓ 四次元 Four Dimensions Mr.Children    48057 2005/06/29

まあなんつーかわざわざ何を危惧する必要も無く妥当な結果と相成りました。
枚数的には、正直グレザイルがここまでいくとは思いませんでしたけどね。
特典違いでヲタに複数買わせた効果なのか普段この2組の音楽を聞かない層が話題性に釣られ手を伸ばした結果なのかは解りませんが(やだってそれぞれの固定だけでそんなにいくとは思えないし。前作「ホワイトロード」「HERO」共に初動10万だよ?)、一応「今年一番シングルが売れる週」の触れ込みは正しかったと言えるでしょう。
しかし、上位3組だけを合計してもミスチルの初動と大して変わらないという事実。
いや比べるのがまず間違ってるんですけどね。
例の5年前の初動、GLAY「MERMAID」52万、ラルク「STAY AWAY」50万、に比べると一抹の寂しさを感じます。色々な意味で。今はCDが売れない時代なので仕方ないですかね。
まあ一時期に比べれば50万でも少ないほうで。それを考えると最近売れている若い人たちはトップにいても全然印税が入ってこなくて可哀そう……って単なる貧乏学生に言われたくないですか。


ちなみに、同じ週に発売された新譜が4作以上初動10万枚超えを記録した例は4年1ヵ月ぶり――とのこと。
4年1ヵ月前ねぇ。ここを参考にすると該当するのは2001/7/16付とかその辺りですかね?


Posted at 04:50 | music | COM(0) | TB(0) |
2005.07.27

今までこんなものに気づかなかっただなんて…

例のランキングだけど2位はサザンかもしれんね。糞曲とか貶してみても、いざ結果が出そうになると淋しいもので。


何故か語学の試験日を2週間間違えていたことに気づく。笑いが止まらない。
死ねばいいと思うよ(AA略


そんな私だがひとつ幸せな発見もあった。

バイト先で何気なく開いたWJ今週号。

「る……流川ーーーー!!」

JSS(ジャンプスーパースターズ)
過去&現在のWJ掲載27作品から150以上のキャラクター
――

8/8発売!? もうすぐやん!
ジョジョSDデスノDr.スランプDBハンタヒカ碁ジャガー幽白るろ剣ワンピ!とその他。(50音順)
テラヤヴァスwwwww めちゃめちゃ欲しい。欲しすぎる。
あーあ、また過去の遺産にすがって……とか嫌味を言う気にもなれない。
アクション苦手なんだけどさあ。でもDBのSFCソフト(隠しコマンドでブロリーとか出るやつ)はやりこめたし大丈夫だろ。多分。
ん? でもキャラ紹介にるータンいないんだけど? 信用していいのか本誌情報。
しかもよくよく見てみたところ、Lもキルアも飛影も斉藤一もサポートキャラらしい。
なんだそれ。使いたいキャラ全滅かよ。ナミやジャガーがバトルで使えるってのに……いやLは戦わんでいいが。

鳥山と富樫と和月と小畑(一応)とヒロヒコ(シリーズだけど)は2作出演ってところはまあ貫禄ってやつですか。(いや小畑は確実に違う)
でも聖矢も翼もキン肉マンもいないのに果たしてアラレを入れる必要があったのかは疑問。いや売り上げや知名度は申し分ないけど、如何せん年代が違いすぎるのではと。
幽白とハンタは2つとも入れないと不自然だから折り合いをつけた……ってのは深読みしすぎ?

あと諸々。
・これに封神が入ってたら私的には完璧なんだけどなー。

・テニプリキャラがバトルなしってことに心底驚きだよ! 奴らのテニス技は確実に人を殺せる! 間違いない! (いや……どうせ使わんけどなー跡部様以外

・幽白とハンタ、桑原とレオリオだけキャラ絵がないのはつまりそういうことですか?

・一応ジャケにいるキャラは全員わかって安心。
 未だ悟空が中央にいることに喜びとともに危機感を抱かざるを得ない。が仕方ないか。悟空が端にいるのも変だしな。

・このとんでもない夢の競演によって全国の腐女子らにクロスオーバーブームが来ないことを祈る。

・「キャラゲーに良作なし」の法則……


そんなことよりニンテンドーDS持ってないんだが。買うよ。いやマジで。


Posted at 11:46 | game | COM(0) | TB(0) |
2005.07.22

人生何事も経験

最近精神状態があまりよろしくないのでなるべく人と会わないように過ごしている。
ブログでも気づけば内容が荒くなっていて開き直って載せたり後から修正したり。
なので気持ちではなく事実を書こう! と偶然探し当てた、こんな企画。

「人生の経験値111」

■LOVE■(○/15)
001. 合コン ○
002. ナンパ ○
003. 逆ナン × 
004. 一目惚れ ○ でも多分本気じゃない
005. ラブレターをもらう ×
006. ラブレターを書く ×
007. 告白される ○
008. 告白する ○
009. 異性と宿泊旅行 ○
010. プロポーズされる ×
011. プロポーズする ×
012. 同棲 ×
013. 結婚 × この辺は…したくないな…
014. 出産 ×
015. 離婚 ×     6/15

■HELTH■(○/10)
016. ダイエット ○ 10kg位痩せたことも…
017. 喫煙 ○ 初恋の味。(普段は吸わない)
018. メガネ ○ 小3から
019. コンタクト ○ 中2から
020. ピアス ×
021. 献血 ○ 好き
022. 気絶 ×
023. 骨折 ○ 4年連続
024. 入院 ○ 生まれたときにw
025. 手術 ×     7/10

■TRAVEL■(○/20)
026. TDL ○
027. TDS ×
028. USJ ○ ほとんど元ネタ知らんのに
029. 北海道 ×
030. 仙台 ×
031. 東京 ○ 
032. 名古屋 ○ ばあちゃんが…
033. 大阪 ○ 住んでた
034. 四国 ○ 修学旅行
035. 九州 ○
036. 沖縄 ×
037. 北米 ×
038. 南米 ×
039. アジア ○ 中と蒙
040. オセアニア ×
041. ヨーロッパ ×
042. アフリカ ×
043. 青春18切符 ○ ライヴ遠征用w
044. 一人旅 ○ これも遠征でw
045. 野宿 ○ これも遠(ry     11/20

■MEDIA■(○/5)
046. 新聞掲載 ×
047. 雑誌掲載 ○
048. ラジオ出演 ×
049. TV出演 ×
050. 舞台出演 ×     1/5

■SCHOOL■(○/10)
051. 転校 ○
052. 補導 ○
053. 停学 ×
054. 中退 ×
055.留年 × ヤバイ
056. 浪人 × 乗り越えたと思っていたが…
057. 学級委員長 ×
058. 生徒会長 ×
059. 全校集会で表彰 ○
060. 全校集会で貧血 ×     3/10

■WORK■(○/5)
061. アルバイト ○
062. 派遣 ○ これもバイトのうち?
063. 就職 ×
064. 辞表 ×
065. 転職 ×     2/5

■HOBBY■(○/20)
066. ピアノ ○
067. ギター ○
068. バレエ ×
069. 習字 ×
070. そろばん ×
071. 学習塾 ○
072. 野外コンサート ○
073. クラシックコンサート ○ すぎやまこういち先生w
074. ミュージカル ○ 自分には合わん
075. サーカス ×
076. オペラ ○
077. 落語 ×
078. お笑いライブ ○ 通ってた
079. パチンコ ×
080. 競馬 ×
081. 麻雀 ×
082. 漫画喫茶 ○
083. 秋葉原 ○
084. メイドカフェ ○
085. コスプレ ○ ごめんなさいもうしません     12/20

■TRAFIC■(○/10)
086. 手漕ぎボート × 足漕ぎならあるよ
087. 新幹線 ○
088. 夜行列車 ○
089. 飛行機 ○
090. ヘリコプター ×
091. 馬 ○ 駆けた
092. 救急車 ×
093. パトカー ×
094. 自動車免許 ×
095. バイク免許 ×     4/10

■XSPORTS■(○/5)
096. バンジージャンプ × やりてー
097. スカイダイビング × やりてー
098. スキューバダイビング × これは別に
099. マラソン × 絶対嫌
100. トライアスロン × これは無理     0/5

■EXTRA■(○/11)
101. 一人暮らし ○
102. 犬と暮らす ×
103. 猫と暮らす ○ 超短期間
104. 家出 ×
105. 通販 ○
106. 二日酔い ○
107. 酔って記憶無くす × その前に全部体外排出
108. 幽霊 ×
109. UFO ×
110. 正夢 ○ ていうかデジャヴ?
111. 幽体離脱 ×     5/11


■■ankomochi666の人生の経験値は51/111です!■■


可もなく不可もなく……
半分いかなくてちょっとショック。
まあ一応寿命的にはまだ人生半分も終わってないし、こんなものかな。



Posted at 09:28 | baton | COM(0) | TB(0) |
2005.07.22

途中経過2

1 SCREAM GLAY×EXILE RZN 2005/07/20
2 プラネタリウム BUMP OF CHICKEN 2005/07/21 TF
3 Link ラルク アン シエル 2005/07/20 KS

2位か(゚Д゚;)

Posted at 07:57 | music | COM(0) | TB(0) |
2005.07.21

途中経過

7/20付オリコンデイリーチャート

1 SCREAM GLAY×EXILE 2005/07/20 RZN
2 Link ラルク アン シエル 2005/07/20 KS
3 BOHBO No.5/神の島遥か国 サザンオールスターズ 2005/07/20 V
4 四次元 Four Dimensions Mr.Children 2005/06/29 TF
5 TEPPEN NEWS 2005/07/13 JE
6 Layra 清春 2005/07/20 BRI

あははー。予想通り。たぶんウィークリーもこのままでせう、top3は。
5年前と変わらんがな。枚数は全然違うだろうけど。
何故ラルクとサザンは片仮名なんですか。
「Link」フラゲする際ショップで見たんですけど、グレザイル「SCREAM」のジャケ、ヒサ子たんが吠えてます。ど真ん中で頑張ってます。
そんなことしても所詮肉食獣の群の中の子猫。虚勢っぷりが逆にかわゆさを引き立ててますよ……と曇りきった目の私。

ちなみになぜ中途半端に6位までかというと、清春だし。とか。7位は大塚愛「ネコに風船」だし。とか諸々の事情が絡み合った結果です。
や、でもキヨパルさんの新曲良いと思いますよ。アコギマンセー。基本的に声と歌い方が好きだからあまり拒否反応出ないってのもありますが。
ミスチルは相変わらず凄い。いつまで売れ続けるんだろう……
全曲タイアップ、の宣伝文句のために駆けずり回ったであろうスタッフも浮かばれるというもの。
うちの実家にもあるしな。「and,I love you」PVの色調が好き。(でもディスクをPCに入れると勝手に全画面になるので迷惑)
でもって、今日はバンププラネタリウムの発売日です。
同じような曲が多いと思われているバンプだけれど、今回は今までのシングルとは少し毛色が違ってて。
特別盛り上がるわけじゃないけど、響く曲。
どこに入り込むかなー。爆発力はあまりなさそうかもしれない。
買わない私が言うのもなんだけど、がんがれ、20代


Posted at 04:26 | music | COM(0) | TB(0) |
2005.07.20

信者のアイデンティティ

ここ2週間ほどおかしなメールが毎日のように届く。送り手さんたちはきっと、遅い春が来たお花畑のような、あるいは何らかの湧いてしまった脳を持て余しているのだろう、そんな素敵メールたち。最近は数も減ってきたが。
約2週間前といえば、ちょうど「SEX,DRUG,ROCK'N ROLL」という記事をうpって、検索ワード「SEX」がぶっちぎりで1位だった頃だ。
そして私の自己紹介欄にある「S.O.A.P.嬢」の文字。
わかりやすいね。

だがしかし、もちろん私は風俗関係者ではない。
S.O.A.P.というのはSONS OF ALL PUSSYSというラルクのギターken、元ラルク・ZIGZOのドラマーsakura、ベースのEinの3人からなるバンドの略称だ。
略称も正式名称もギリギリw(つーかギリギリアウトでは)
で、そのファンのことをS.O.A.P.嬢と呼ぶわけ。バンド名からしてエロ大王kenちゃんの綿密な計算が感じられる。
といってもそのことを知っている者もまたS.O.A.P.嬢かよくてラルヲタで、それ以外の人間にとってはなんのこっちゃ、だろう。
内輪に判ればいいのだ。

こういうのは何もラルクに限らず見受けられる。
「ゆずっこ」というのを聞いたことがあるだろうか。今思い付く中でおそらく一番ポピュラーな呼称である。
ゆずマンのかぶりものしたり、岡村中ジャージ着たりして、「こーちゃんv(←岩沢)」とか「ゆーじんv(←北川)」とか言ってる感じ。
「SLAVE」――LUNA SEA。その中でさらに「○○ SLAVE」とそれぞれメンバーの名前を入れて活用できる。
「グレイヴ」――GLAY。↑に倣ってか? にしても「墓」? FC「HAPPY SWING」からの「ハッピースウィンガー」もどうかと思うが……
「ピエラー」――PIERROT。Vo.キリトのファンは「キリター」を名乗っている。私は知らないがアイジャーとかもいるのだろうか(※ぐぐったらいてはりました)。……潤は?
「虜」――Dir en grey。これも「TOSHIYA虜」などと応用できる。
他にも実に様々。バンド名の数だけ呼称がある。特に(元)V系は濃いぃのが多くてなかなか面白い。海月とかメリー吉guyとか子羊とか。
どうしてだろうね? 濃さは閉鎖的結束力の強さに比例すると個人的には思っている。
こういうのって誰が最初に言い始めるんだろう。 メンバーじゃないよな……やっぱインディー時代の所謂「常連」サンたちなんだろうか。FC名や曲からとるか、○○erが無難に判り易くて良いと思うんだけれどって余計なお世話か。
そこいくとラルヲタってつまんない。私もこれから「シエラー」位名乗ってやろうかね。今更。



Posted at 04:08 | music | COM(0) | TB(0) |
2005.07.19

何一つ変わらずに今も僕は駆けて…

『Link/Promised land2005』フラゲ。

軽い。軽すぎる。

曲も、音も。何より歌詞が。私がラルクに嵌ったきっかけだったhydeの歌詞が。
私が好きなのは彼がことばで作り上げる世界、だった。
『AWAKE』から続く、ただ切に未来を祈るメッセージ。 彼の口にする希望や平和な未来は、薄っぺらな作文のようだ。
彼は私の倍近く生きてて、すでに人の親で。思うところは沢山あるだろうに『AWAKE』の各曲もこの「Link」もすべて同じようなことを言ってるのは何故? テーマをひとつに絞ったって切り口は沢山あるだろう。
人には得て不得手というものがあって。こういうテーマをもっと深くもっと上手く伝えられる詩人は沢山いる。だから黙れと言うつもりは毛頭無いが、もう少しアタマ使ってよ。
楽曲は、世間一般的にいう所謂tetsu曲。でも疾走感もポップさも今までのものに及ばない。
私の中ではこれがアルバム曲なら2周目以降即飛ばす、そんな位置付け。多分今日何度か聞いて終わり。
とか言いつつどうせ、ライヴで演られたら間奏で手拍子するんだろ? みたいな。
結局そんなだから情けない。
ストリングスと、サビのギターのカッティングと、PVは、ちょっとだけ好き、かも。

「Promised land2005」に関してはもう言葉も出ないというか。
そりゃね、SSDで「trick」を替りばんこに唄うのを見たときや、SMILE TOURで初めてP'UNK~EN~CIELを見たときは、楽しそうなメンバーにこっちも頬が緩んだよ。
でももう止めないか? すでにパンクでもなんでもない、ただの昔の曲の焼き直し(しかも劣化済)。
ワンツースリーギョー言ってりゃ良いってもんじゃない。

「遊び心」と「お遊び」は別物だ。

正直この曲に金払ってると思うと反吐が出そう。
こういう奴が「来なくてもいいよ 見なくてもいいよ(from 「bravery」)」とか思われるんだろうなw
けれども何でも醤

Posted at 23:10 | L'Arc | COM(0) | TB(0) |
2005.07.16

追記、のようなそうでないような

インターネットを利用していて2chを使ったことのない人間なんて今ではほぼいないだろうけど、意外と良スレや名作Flashの存在は知られていないのかもしれない。
「恋のマイアヒ」でもそれは伝わったと思うけど、職人さんの技量とネタの面白さは一見の価値あり。
いたるところに倉庫があるのでこれを期に一度見てみては? 笑いあり涙あり。
BUMP OF CHICKENのK、天体観測、ラフメイカー、ダンデライオンなどなどは有名どころで且つとっつきやすいのではないかと。
とくに「K」は以前2ch中で流行ったこともあった。
個人的に一番お勧めなのは、
UNIX http://www.fetica.com/unix.swf
音楽がめちゃ良くて。「Komm,susser Tod~甘き死よ来たれ~」というバッハの曲なんだけど。
わざわざエヴァのサントラ買ってしまったよ。


Posted at 16:41 | diary | COM(3) | TB(0) |
2005.07.15

短髪初お目見え

ラルク in ミュージックステーション。

タモさんがわりとラルクを気に入ってくれているので、歌番組の中ではMステが一番トークの弾む番組(というか他が壊滅状態というかね)。
タモリ倶楽部(見逃して鬱。)でも骨折の話をしてたのか、OPで「私は(骨折した)事情を知ってるんですが~」とちょっと嬉しそうに言うタモさん。萌。
ハイド、NEWSの山下とか好きそうだな。タッキーのことも昔好きって言ってたし。美少年スキーw
曲は正直ラジオで聞いたときより数倍ダサく感じる。まんまアニソン。歌詞も。
もうこうなったらとことんハガレン相乗効果狙いで成功してくれ。

にしても、O-ZONE、とうとうMステ出演ですか。出演時実況板落ちたらしい。
TVで2のflash流すって何事? 空耳の歌詞見て観客笑ってたがアーさんらそれでいいんか。
しかも流行ったそのままではなく、「脱線」とか細部変更されてたし……まあそれは仕方ないが。
それにしてもまたAVEXだったのか。
きったない意図を感じるね。そりゃあもうビンビンに。
2chに普段来ないような人間がこうやって煽られてのっかって騒ぎ立ててるの見ると本当何ていうか。
本になって漫画になって映画になってドラマになった例のアレもそろそろな……



Posted at 22:07 | diary | COM(0) | TB(2) |
2005.07.15

さあさあ寄っておいで覗いてみな



十三階は月光 BUCKTICK BMGファンハウス (2005/04/06)
1.ENTER CLOWN
2.降臨
3.道化師A
4.Cabaret
5.異人の夜
6.CLOWN LOVES Sen[~]orita
7.Goblin
8.ALIVE
9.月蝕
10.Lullaby 2
11.DOLL
12.Passion
13.13秒
14.ROMANCEIncubo
15.seraphim
16.夢魔The Nightmare
17.DIABOLOLucifer
18.WHO’S CLOWN?

ジャケットを見てピンと来た人は買い、そうでない人は多分聞いても合わない。
そんな印象を受けた。
コンセプト・アルバムだけあって、完成度は高く、全篇にダークでゴシックで妖しい雰囲気が漂っている。
結成20年のキャリアは伊達じゃない。(そう、ここはずっとオリジナルメンバーなのだ)
サーカスやピエロをモチーフにした作品はV系に限らずわりと多く見られるが、アルバムを通して、見世物小屋的物悲しさ、がひとつの要素となっている。全篇がまるで劇団のショーのよう。
3.道化師A、4.Cabaretなどが代表。キャバレーて。歌詞に使うか普通。
櫻井のことば遣いはいつもかなり独特で。一歩間違えばダサくもなるところを、声と楽曲との相乗効果で雰囲気を作っている、とでも言うのだろうか。
メッセージ性、歌詞全体で伝えようとしていること、はおそらく無いかな。あくまで大切なのは雰囲気。
もちろん、楽器隊の確かな演奏がその雰囲気の土台となり、時に主役にもなっているのは言わずもがな。
そういう雰囲気を感じ取って浸れるひとにはたまらないと思われ。私は浸りきった。
逆に、「闇?血?月?( ´,_ゝ`)プッ」となるひとには間違ってもオススメできない。……でも、もしかしたら聴いてみて新しい世界が拓けるかも。本当に名盤だと思うよ。

収録曲は18曲と一見多いが、何曲かはインストということもあり、飽きることなく最後までたどりつける。(というかインストも聞きどころ。今井氏醤怏泱ェひとつの流れとして気に入っているので、どの楽曲が突出して好き、というのは無いんだけれど、しいて挙げるならば7.Goblin、16.夢魔The Nightmare、17.DIABOLOLuciferあたり。やはりよほど聞き込んだ盤でなければ、スロウよりミディアム~アップテンポが入り込みやすいというか。
シングルの14.ROMANCEも、Aメロからサビへ段々浮遊していく感じが心地良い。

んで。歌詞カードの櫻井タンがめっちゃめちゃ格好よろしいんです、これが! いや格好良くてお綺麗なのなんて前から知ってたけど、こう、ページを開いたときにドーンと衝撃が! もぉあっちゃんとか呼べない。敦司サマ!
NEWSMAKER LIVE EDITION BUCKTICK TOUR GUIDE BOOK」買おうかな……ライヴ行ってもないくせに。書店で実物見たら即買いなんだけど、とりあえず迷い中。
顔ヲタじゃないよー。って言っても信用してもらえないか。


Posted at 07:14 | BT | COM(0) | TB(0) |
2005.07.15

テンプレ変更

ずっと使ってみたかったものとはいえ、夏に暑苦しいかな。


Posted at 05:49 | diary | COM(0) | TB(0) |
2005.07.14

ワンピ&デスノ最新刊感想 (ネタバレ有)


一応、両方とも発売日に完読。2週間近くたった今ネタバレもくそもないですね。

ONE PIECE 巻38 (38)  集英社

今のジャンプの中ではもちろん水準以上だとは思うけど、パワーは下降し放題だなあ。
格闘漫画ではもはやお約束の、強さのインフレに突っ込むなんて無粋なことはしたくないけれど、マンネリ感は否めない。
好きなだけに残念。
あ。この次のページ、大ゴマで泣き顔だな。ってわかる。
あと私がどうしてもロビンを好きになれないってのもあるかも。謎に迫るのに必要な人物だとしても。だから今の展開もちょっと……今更5人を助けるためだったとか言われてもね。主人公特権がなかったらどっちにしろ死んでたよ。
ウソップもいい加減にしてくれと。正直この巻ラストの見開きはひいた。感動とか笑いとかなかった。
初期は単行本を買っていてそれこそ何度読んだかわからない。当時と比べると、絵も構図も上手くなっていると思う。ギャグも面白い。でも、勢いがない。しかも勢いに乗せようという心意気だけは何となく伝わってきてしまうから、余計いたたまれない。9年も連載してたら仕方の無いことだろうけど、寂しいものだ。

DEATH NOTE (7)  集英社

L死んじゃった。
いや本誌掲載時からそれは知ってたけどいざ見開きで倒れられるとやっぱね、ショックですわ。
そうきたかーって感じ。てっきりライトが殺すもんだとばっかり。
私は何を隠そうL

Posted at 04:42 | comic | COM(0) | TB(0) |
2005.07.13

イタイ子ちゃんな上に偉そうでごめんね。


「カタリタガリハヒトノサガ」
……「人の」、じゃなくて「お前の」だろ! という突っ込みは皆さん各自腹の中にしまっておいてくれているんでしょうか。
ありがたいことです。



Posted at 23:28 | diary | COM(0) | TB(0) |
2005.07.12

カタリタガリハヒトノサガ・その後


友人が廻してくれた「Musical Baton」なるものに、以前、回答させて頂きました。
「カタリタガリハヒトノサガ」
↑こやつ。そういえばここ何回かですます調で書いていることに今気づきましたが気分です。またそのうち変わるでしょう。
この間暇で暇で。他人様の趣味でも覗こうかと、「バトン」でgooブログ検索してみたんですね。今確実に音楽の語りを読めるキーワードだと思ったからなんですけど。
そうしたら出るわ出るわ、バトンの山。
しかもミュージカルバトンだけでなく。大体これもミュージカルバトンなのかミュージックバトンなのかハッキリして欲しい所ですが、ぐぐってみたところMusical Baton(ミュージカルバトン)が910,000+553,000 、Music Baton(ミュージックバトン)が1,450,000+740,000 ということでミュージックバトンが一般的なようですね。まあそれが判ったところでどうなるわけでもありません。
上のほうに引っかかったものをざっと挙げてみましょう。

コミックバトン、本棚バトン、Football Baton、リーディングバトン、オンラインノベルバトン、エロバトン、短歌バトン、ハガレンバトン、ゲームバトン、育児バトン、蔵馬バトン……

ちなみに蔵馬というのは、「ジャンプを買ってたまに載ってるとラッキーな落書き」の作者でおなじみ富樫先生の、ジャンプ黄金期を支えた漫画の一角、「幽遊白書」に出てくるキャラクターで、体の中で植物を育て薔薇の棘のついた鞭を使うというちょっと変わった綺麗なお兄さん。他の3人よりも苦しんで悶えたりボロボロになるシーンが多いのは作者の趣味及び大きいお友達へのサービスですが私は飛影の方が好きです。あと鴉ね。仙水と樹とか。「サラサラの髪」などがきちんと作画で表現されているんですよ。感動ですね。

閑話休題。

ミュージカルバトンの質問って、所持CD枚数を訊いてないじゃないですか。PCに入ってるファイル容量だけで。
「重要なのはファイル容量の質問のみで、どこぞの音楽会社が調査目的で流したものであろう」といった感じの考察を以前読んだ覚えがあります。この質問に答えている人殆んどがPCの前に座っているのは確実で、そこからPCで音楽を嗜む層はどのくらいか等を調べ、オンラインサービスに役立ててしまおうという。廻すのは5人、という微妙な数字も、適度に色々な嗜好の人に回るようにとの配慮。回収は、検索して引っかかった膨大な資料から無作為に抽出すればいいのですから、なんとも金のかからない市場調査の出来上がり、というわけですね。
私はそんな難しいこと考えずにただ楽しんで答えたんですが、なるほどなぁと思ったものです。
まあこの説にもいろいろ反論点は見つかりますが。

ところが今出回っている数々のバトンからは、そういった意向はどうも感じにくい。単に趣味の人が同じ趣味を持った仲間に廻している、といった印象です。ハガレンや蔵馬やがその典型ですね。
私はミュージカルバトンを不幸の手紙やチェーンメールに喩えましたが、それよりもこれと近いのではないかと考えられるものを思い出しました。知っている方も多いと思われますが、
「ねえさんたちに100の質問」
です。
おそらくこれが一番最初で、以後、本当に様々な「○○へxの質問」が出回りました。
音楽好きとかコスメマニアとか彼氏LOVEなコ☆とかいう広く一般層(そうでもないか?)に答えられそうなものもあれば、「○○(漫画やゲームのキャラ名)ファンに(ry」や「○○×△△(カップリング)至上主義者に(ry」などのマニアックに過ぎるものまで千差万別。
このリンク集など見ていただければどれほどのものかわかると思われます。
まあとにかく当時のこの100質の増殖具合は恐ろしいものがありまして。
なんせ100個質問に答えるわけですから回答者の温度差が相当あれど、自らの趣味嗜好を披露するためのツールとしての最近のバトンの傾向は、これに近いのではなどと思うわけです。
思ったからってどうというわけでもないんですけどね。
自己顕示欲を満たせてさらにバトンを渡すという形でコミュニケーションにもなる。いいじゃないですか。
逆に、廻されたからって義理でなおざりに答える人のことは私にはよく解りません。

ところでHP持ってたときの100質があるんですよ。5個ほど。というか回答時期はそれ程昔のことでもないのですが。
跡地に残された回答を一部晒しage。
「L'ArcenCielファンに100の質問」
「ラルクファンにぶっちゃけ100の質問」
意外と真剣なところが嘲笑を誘います。




Posted at 23:08 | diary | COM(0) | TB(0) |
2005.07.10

聞き終わって。


今回のANN。
レポを見てもらっても判るとおり、今回はラルクの本領とも言えるシモえろえろネタが意外と少なかったなあという印象。
いえもちろん、彼らですから。
それなりにはギリギリ用語も用いつつやってくれたんですけど。
'98年のオールナイトや昔の深夜ラジオ看板番組に比べれば、おとなしかったなあ、ていう程度です。欠席裁判とかえらいことになってたし。台本書いたひとが真面目な方だったんでしょうかね。
今回一番の収穫はkenちゃんの性の目覚めでした(*´Д`) ほかは大体、なんか聞いたことあるかな、って感じで。
それにしても、ハイたんのてっちゃんのいじり方はいつにも増してSいです。そりゃあもう。むしろ女王様ですか?と。
でもてっちゃんはイジメ気味にいじられたほうが色んな意味でおいしいと思うので。決して悪い意味じゃなくてね。そのへんハイたんは解ってるんじゃないかなあ。いえもちろん単なる気質かもしれませんが。
逆に、kenちゃんは持ち上げ持ち上げ。彼のkenヲタっぷりが非常に良く表れていたと思います。
ゆっきー、後半ほとんど喋ってなかったような。
ほんとわざわざ話振られないと喋らないねこのお方。この間の音楽戦士が嘘のようだ。
本当に夢のような一時間半(CMカット済)でした。
それみしてもあえて萌えという言葉抜きに語ってみましたよこの私が。むしろ顔文字で力一杯主張しているとも言いますが。

アルバム20枚記念、期待してますよ。私は本気です。


Posted at 18:11 | L'Arc | COM(0) | TB(0) |
2005.07.10

'98年以来の全夜日本(*´Д`)


うたばんで全然喋らなくてorzとなっていた私に悶えるほどの興奮がやってきました。

L'Arc~en~CielのALL NIGHT NIPPON。

ラジオ出演というとたいていメンバー2人とDJのトーク、むしろDJの独断場、みたいなものが多い中で、このANNはメンバー勢揃い、生、DJ無し、という神番組。
特に普段TVなどではクール気取ってる(笑)ラルクのほのぼのした空気を直に感じられる非常に貴重な機会なのです。
訳あってリアルタイムでは聞けなかったものの、某所の親切な神のおかげでゲト。
今まさに聞いているところであります。
てなわけでかいつまんで実況レポなんぞ。

あれ? DJつーか進行役はいるんだ。
あぁぁでも4人で「ラルクアンシエルのオールナイトニッポン~」て脱力感満載でハモってる~(*´Д`)
「ドラムのゆきひろれす~」(*´Д`)
シャンパン入ってかなりご機嫌なメンバー(*´Д`)

♪『Killing Me』

作曲ノルマ達成できなくて社長に怒られるユッキー(*´Д`)
はいたんが晒した裸にぶらさがってるものを撫でたり擦ったりするけんたん(*´Д`)……*1
              「すげ~(感嘆)」(by てつこ)(*´Д`)
              「hyde君の裸ってすごいなあ、って」(by ゆっきー)(*´Д`)
ICレコーダー運転中に使って警察に止められるてっちゃん(*´Д`)……*2

*1 自身の作った曲をメンバーの前で発表するときどんな気持ちですか? と聞かれて、hydeが「あぁ……裸を晒す感じですかねぇ……」と答えたことを受けて。
*2 作曲の必需品は車、というtetsu。思いついた時点でICレコーダーや携帯に吹き込んでいる……といったところではっとして、「今運転中に携帯使ってたら捕まるよね!?」でも、「ICレコーダーは規制されてないじゃん。いいよ」とhyde様(笑)からお許しが出ました。

♪『LOST HEAVEN』

「4人の様々な目覚めについて」

・目覚めに必要なものは?
hyde マネージャー、昔買った止めてももう一度鳴る目覚まし
ken マネージャー
tetsu 目覚まし時計、携帯の目覚し
yukihiro マネージャー

マネさんお疲れ様です。

・性の目覚めは?
hyde 小学校高学年におばあちゃんが寝ている横で布団にアレを擦り付け、あれ? なんかキモチイ……(*´Д`)
ken TVでやってたどろんこ美容。健全な番組でお姉さんがおっぱいに泥をぬっているのを見て何かが硬くなり(笑)その現象がなんだかわからなくて、近所のお姉さんに見せた上、そのままかなり街を歩き回ってたらすぃ(*´Д`)
tetsu 中学時代に女の子と付き合って~みたいな。でも初体験はそのときじゃないと何気に暴露(*´Д`)
yukihiro 「中学の先輩」(キッパリ)←それ目覚めじゃなくて初体験でしょ!? とけんちゃんからツッコミw

てっちゃん&ゆっきーの話を聞いて、「え……俺らすごい馬鹿みたいじゃん」とhyde。
いえ、可愛いのでよし。


・音楽への目覚めは?
hyde オフコース。小学校高学年にライヴへ。ちなみに初めて行ったライヴは和田アキ子。そのときはまだ目覚めていなくて、「あぁなんかおっきい人がいる~」て感想だったそう。
ken 家にあったゴッドファーザーなどの映画音楽。聞きながら悲しい気分になりながら、なぜか気分が良かったそう。ken「そのとき勃起はしてませんでした」←聞かれてない。
tetsu 中1、2頃、YMO。あと一風堂も。
yukihiro 「ザ・ベストテン」。印象に残っているアーティストは一風堂の土屋昌巳、曲は『すみれSeptember love』

♪『TRUST』

リスナーからのメールを紹介
テーマ「L'Arc~en~Cielへの目覚め」
みんな若っ( ゚д゚)
紅白出たとき小1ってwww 今まだ中学生か……
ハガレンがきっかけとか、『STAY AWAY』がきっかけとか、全盛期と外れた時期にハマッた人も今も残っているのだなあ。ちょっと嬉しい。
ファンも世代交代していってるのかなあ。
もちろん私よりずっと前にハマッてまだまだ現役って人も大勢いるんでしょうが。

♪『New World』

持ち曲100曲を超えているラルク。
・メンバーの思い出の曲は?
hyde 『メトロポリス』。今も交流のある小学校の先生(女)にシングル『winter fal』を贈ったhyde。でもそのc/wのこの曲の詞は……(笑)ちなみにこんなんです。先生が感想を伝えるときも、その箇所には触れていなかったそう。そりゃそうだ(笑)「それ以来えろい詞を書こうとするとその先生の顔が浮かんで想像力をかき消すんですよー」彼に残る最後の理性。
ken 『Voice』。ラルクに入って演った初めての自分の曲。上京の思い出なども絡まって。東京でレコーディングしたとき、エンジニアがいちいち彼らとメタリカを比べていたそう。何故に(笑)
tetsu 『witer fall』 from 「HEART」。思い出の曲を選ぶのにメンバー中一番悩んでいたというてっちゃん。その理由は「いや……特に思い出とかないんですよ(苦笑)」メンバーも苦笑。一応、シングルでは初めてオリコン1位を獲った曲だから、ということで。
合宿中に山に逃げ出すてっちゃんとゆっきー(*´Д`)
その話を聞きながらじゃがりこをぱくつくはいたん(*´Д`)
2人が逃げたことでプロデューサーとエンジニアに怒られるけんちゃん(*´Д`)
yukihiro 『虹』 from 『HEART』。ラルクに入って初めて叩いた曲。最初は控えめにしていたそう。まあそりゃね、複雑だろうね。
そのときのメンバーの感想。
hyde「覚えてない(笑)」
tetsu「ゆっきーいっちゃえ」レコーディングしたスタジオも覚えてるってさ(*´Д`)
ken「派手にやってー」(←ニュアンスを感じてくれ、とのこと)

♪『AS ONE』

(CM明け)hyde「鶴光でおま」(*´Д`)

この曲は車で作ったの? というhydeの質問からなぜかお互いのおうちの高級さの話に(笑)いやらしい! とかいいながら懐具合を探りあう二人(*´Д`)
ちなみに『Link』が生まれたてっちゃんちのリビングは、hydeさんとこよりひと回り小さいくらい、らしい。
まあ普通に考えてオサーンの収入が段違いだよなあ。ほぼ作詞してるし。歌ってるし。……って真面目にゲスいこと考えてどうする。

新曲紹介前に、「じゃあ次のナンバーいってみよう!」の‘ナンバー’がもうダサいらしい、みたいな話に。ken「じゃあ今は?」hyde「‘チェケラァゥッ’?」……お願いですからそぉいうのは若い人に任せてください……
あと、CD‘リリース’も今は‘ドロップ’とか‘アウト’だよねー。そんなのまで流行があるなんて変だけどやっぱ気にしちゃう、とkenちゃん談。

♪『Link』

hyde「高級な家に住んでるとこういう曲ができるんですね」(可愛く)
オオーイ。お前が言うな。
そして発売日の「しちがつはつか」をかむはいたん(*´Д`)

ツアー案内から、ツアー話へ。

去年のツアーではとにかく演奏を気にしていたというkenちゃん。しかし海外でいろいろなライヴを見て、エンターテイメント性の大切に気づいた、と。そんな折の足の骨折が悔しかった、という話。「今年は演奏もパフォーマンスもがんばって、この歳にして二兎を追うものは……じゃなくて……ニュアンスで感じてください」←二足のわらじですか?
ここでhydeから、骨折もエンターテイメントの一部じゃん、というフォローが。「クララが立ったー」的感動? を狙っていってください。でもまだ全然治ってないんだなあ。心配。
そしてhydeからtetsuに、「ぶっちゃけ……ライヴは好きなん?」と鋭すぎる質問。焦るtetsu。彼曰く、ライヴはお風呂みたいなもん、準備が面倒臭いけど始まれば楽しい、とのこと。でもそこでまた「準備めんどう~??」というツッコミが。
中国ではライヴ中に立ち上がることも許されないらしい、ってことからアジアライヴをどう盛り上げるか、という話。
「1曲中国語で歌えば?」というkenちゃん。「『叙情詩』で大合唱」by kenとか「『REVELATION』中国語っぽくない?(唯我独尊~とかの辺りが)」by hydeとか。

♪『叙情詩』

〆。各々感想。
hyde「もう少し時間があればてっちゃんの生活を暴露できたんですけども、それは次の20枚目を楽しみにしててください」←まだ言うか(笑)
ken「『AWAKE』をひっさげてのツアー、いつも以上に楽しみなので、皆楽しみにしててください」
tetsu「今ライヴについていろんなことを考えている最中なので、皆さんも楽しみにしててぜひライヴに来てください」
yukihiro「これからもラルクアンシエルをよろしくお願いします」←メンバー苦笑。「えー非常にシンプルなコメント、ありがとうございます(笑)」と進行役お兄さんのフォロー(笑)

最後に、〆のコメントを言い忘れて一瞬無音状態発生させるはいたん(*´Д`)最後までやってくれました(笑)


えーこんな感じで。人生最高速でタイピングしてみました。
割と間違ってる箇所もあるかと思いますが、まあそこはニュアンスで(by kenちゃん)。
というか、この記事最後まで読んでくれる人とかいるんでしょうか。

ふう、この位の集中力をガッコの授業で発揮できたらなあ……




Posted at 17:23 | L'Arc | COM(0) | TB(0) |
2005.07.08

69な年に生まれおちた奇跡に感謝


私はまったく違いますが>69年生まれ
その前後に多いんですわ。私の好きな方々が。
SUGI様(良太郎さんではない)、お誕生日おめでとう。
何となく元LUNA SEAの皆さんは先輩格なイメージがあるけど、某オサーン達のが歳は上なんだよなあ(一部交錯しているが)
四捨五入したら●十のオサーン集団のポスター&雑誌だらけの実家の部屋、そろそろ何とかせねば。
まあアレとかアレとか載ってるし、雑誌の方は母親の手にかかる心配はなさそうだが。
問題はポスターだ。
すでに顔面の穴という穴に画鋲刺されてたりして……


こんな感じ。



L'Arc~en~Ciel NEW ALBUM『AWAKE』、絶賛発売中です。


……つーか……肖像権……



Posted at 23:46 | music | COM(0) | TB(0) |
2005.07.07

自己世界の他人との共有は不可能か


hyde、というかHYDE。今秋からソロ活動再開らしい。

新曲『COUNTDOWN』が映画「ステルス」の日本版テーマソングに決定、ですと。ソニーの力は偉大だ。
ちなみに公式サイト。割と私の好きな系っぽ。
ラルクといい、最近映画づいてるなあ。「NANA」でも作曲を手がけていたんだっけ。
何となくTVドラマより映画、ってのは解る気がする。「リング0」とかまさにぴったりだったし。

ソロ第三期ということになるが、どんな曲調になるのだろう。
個人的には、HYDE自身「オリンピックみたいな(特別な)もの」と称していた『ROENTGEN』からもうすぐ4年になるので、ああいう繊細な静の美を追求した雰囲気を期待しているのだが。
でも映画の感じからしてどちらかというと『666』寄りのロックなんだろうなあ。
別にそういう曲も嫌いではないけど、それはHYDE以外でも聴けるというか。


ラルクというバンドは、主なメロディーメイカーというものがおらず、1曲1曲が全く違った雰囲気を纏うことも珍しくない。
ソロ活動は、バンドでは表現できない世界を表すため、だと思っていた。
だから『ROENTGEN』では壮大なオーケストラをバックに、セルフプロデュースで思う存分やりたかったことが出来たのだと思うし。
でもそれはたぶんソロをやろうという決意のほんの僅かな部分でしかなくて。

彼らの間にあまりべたべたした友情はなく、ほぼ音楽のみで繋がれている状態だ。
私はそこも好きな理由のひとつなのだけれど、だから一緒にいると癒されるとか楽しいとかいうこともない、ただお仕事の時間。
だから、ラルクでしか出来ないこと、以外をラルクでやる必要もないのだろう。
ガス抜き?
ソロの理由は。他の人たちと組む理由は。
実際kenちゃんなんか、sakuraとEinとS.O.A.P.やってなかったら再びラルクに戻ることもなく、ラルクは解散、『SMILE』だって制作されていなかったはず。
私はメンバーそれぞれのことを勿論好きだけど、やっぱり聴きたいのははいたんの声、けんちゃんのギター、てっちゃんのベースにゆっキーのドラムで。
でもそれを続けるためにソロがあるというなら仕方ないなあとは思う。
sakuraのドラムが聴けるのは嬉しいし。
ただ、いつかソロ>ラルクになってしまうのが怖い。その先にあるのは解散、だ。
最近のインタビューを読む限りまだまだそういうことはなさそうだけれど。
何を言っても所詮蚊帳の外なのが辛いところだ。
でも、あの4人が集まって初めて起こる音の奇跡の力を何よりも解っているのは本人たちだろうから、それが消えてしまわない限りおそらく大丈夫だろうと信じている。



Posted at 15:59 | L'Arc | COM(0) | TB(0) |
2005.07.07

遠恋者たちの教祖様の日


今日は七夕。
「白い巨塔」財前五郎のお誕生日だ。
ただでさえ最高にプリチーなくせに何だその無駄に乙女ちっくな設定は。可愛いから許すけど。
というわけで、ごろたん、おめでとう。
でも彼はもう歳をとることは無いのだな……鬱。


七夕前ってことで、1週間ほど前からバイト先の店で置いている笹に、スタッフも短冊を飾ろうということになり、私も書いた。
「幸せになりたい。愛されたい。楽しくなりたい。」
変な生き物でも見るような目で「……どうしたん?」と聞かれたが。
どうしたって、今も昔もこれが心の底からの願いだよ。
自分で這い上がるしかない闇の底から誰か救い上げてくれたならどんなにか良いだろう。



Posted at 01:50 | music | COM(4) | TB(0) |
2005.07.06

あと2週間


今日始めてサザンの新曲を耳にした。以前話題にした、7/20に発売されるシングルである。
なんかねー……限りなく「HOTEL PACIFIC」風味。
仕方ないんだと思う。世間に望まれているのはこういう曲で、その需要に応えるのが国民的グループの使命なんだろうな、と。
「01MESSENGER」みたいな曲出しても売れないもんね。メッセージを届けようという気もなくすわ。
これが桑田さんの選択なんだろうから、アリだとは思う。


ただ私はエイベックスの商法はどうしても許容できないよ。
ジャケ違いや特典違いでヲタに沢山買わせてそりゃ会社的には何の問題も無いだろうけれど。
アーティストら皆あれで納得してるのかね?
エイベックスに所属した時点で諦めているのだろうか。売れりゃいいって考えなんだろうか。
どっちにしたって悲しいことだ。



Posted at 22:26 | music | COM(0) | TB(0) |
2005.07.05

終幕とかslaveとか、そんなことばも今は懐かしく


河村隆一とRYUICHIは別人だ。少なくとも私の中では。


河村隆一の新ユニット「トゥールビヨン」全貌が明らかに!


ステージでRYUICHIとINORANが並んでいるのを見たときの旧ファンの感動はひとしおだろうなあ。
私も本当、感無量だったし。
S.O.A.P.のトークでkenちゃんとsakuraが絡んでいたとき、HYDEのソロライヴでsakuraが叩いたことを知ったとき――
バンドという一個体のファンである限りメンバーが繋がっているという事実はとても大切だ。
それがいつかは終わりが来るものであっても。


正直ソロ河村隆一は好きではない。'97年も、LUNA SEA終幕後の活動も。
彼のナルシストっぷりはLUNA SEAというあくまで完璧に構築された世界観の中でこそ映えるのであって、ソロでのあのナチュラルな風貌では恍惚とした瞳は滑稽でしかない。そしてその時期の印象が強く、爽やかポップを唄ってもどこか漂う違和感を拭えない。
今やフォロワーも多数のカリスマバンド、LUNA SEAのフロントマンとしてのRYUICHIの存在感を知っている者ほど悲しくなってくるのではないだろうか。
とはいっても別に私はRYUICHI Slaveというわけでは全然ないので確かなところはよく解らない。普通にLUNA SEAの音楽を愛していた一個人の感想である。


ともあれこのユニットは、LUNA SEAの中ではギタリスト2人が好きだった私にとっても嬉しい限り。
どうしてもバンドのソロ活動は、ヴォーカルのみに話題が集中するしね。
このニュースの見出しにしたって「河村隆一の新ユニット」て……そりゃないよ。
ちなみにこのユニットのことを知った母の第一声。「まああの二人なら一番ぶつかることもないんちゃう?」
……それ見た目で判断してるでしょう。
やっぱり上手くいかず早々に活動停止、これが今最も起こってほしくないことだ。そんなことならすっきり幕を引いたまま終わってくれ、と無駄な心配もしつつ。
彼らの今後を見届けたい。


それにしてもSUGIZOは本当見ない。
もっと表に出てきてほしいなあ。情報はほぼ公式HPで得ている状態だし。
ギターは勿論、SUGIZOがヴァイオリンを弾く姿は本っっ当に美しいの一言。是非もう一度見たいものだが……
でももうさすがに生で見に行くことはないかな。


私が自分で音楽を選択し始めた小学校高学年~中学時代に惚れたバンドは、大半が解散してしまった。
多くの悲しみの声を聞いてきた。
私もその時がきたら嘆くのだろうか。
出来るならば、彼らそれぞれが目指した音により近づけることを祝福したいものだ。



Posted at 23:03 | music | COM(1) | TB(0) |
2005.07.04

SEX,DRUG,ROCK'N ROLL


長嶋さんに気を取られて忘れていたが、サイコルシェイムのヴォーカルDAISHIが捕まって昨日で1ヶ月になる。
知るのが遅く、乗り遅れたので今更話題にさせていただく。
薬というとどうしてもスルー出来ない私。最悪な記憶がフラッシュバックする。

ライヴ前日だったんだって?
馬鹿だなあ。
上り調子で忙しい時、もしも捕まったらどうなるか、どれだけの人に迷惑がかかるか、どれだけの人が悲しむか、少しでも考えなかったのだろうか。
(それ以前に覚醒剤所持は立派な犯罪でしてはいけないことだがそれは前提として)

3rdアルバム絶好調、アニメ「るろ剣」(当時ジュディマリ、川本真琴、イエモン、TMRらが続々ブレイクしていた)のEDとしてオンエア開始、そのシングルの発売間近、って時に捕まった某£のドラマーを思い出す。
彼は結局リーダーの決断で切られたわけだが、そのことでVo.は事務所で泣き、G.は煙草を始めたという。
その決断が結果的にどうだったかここで言うつもりはないけれど。
今までやってきたメンバーが抜けるというのは、そういうことだ。

彼らは、待つのだろうか。

ただやはりヴォーカルが替わるというのは他のパートが替わるのとは意味が違う。
もちろん楽器隊がメンバーチェンジしても演奏面で大いに影響が出るのは当然だが(特にsakuraとyukihiroの違いは顕著だ)、ヴォーカルはどうしたってバンドの顔であり、まず最初に聴衆の耳に訴えるものだからだ。(まれに、WANDSのようにあれ? 本当に替わったの? というケースもある。あとMALICE MIZERはヴォーカル3人目だった)

ファンは待つのだろうな。
そういうある種狂信的なファンの存在が、アーティストの甘えを生んでいるのは否定できない事実だろう。


――ここからは、犯罪に関しては勿論捕まった人間が悪い、それを前提として言わせてもらう――


それにしてもマスコミというのは酷いもので、何かスキャンダラスな事件がある度、ヴィジュアル系を大々的に取り上げる。
しかし逆に、音楽活動は驚くほどに無視するのだ。
かつてのGLAYの20万ライヴ、ラルクのアルバム2枚同時――極端なことをしなければどこにも取り上げられない。
宇多田が全米デビュー(2度目)するというときあれだけ馬鹿みたいに騒いでいたマスコミ。
かなりの数のバンドが欧米で単独公演かましているのは悉くスルーですか。
需要と供給の問題、そんなことは承知の上。
それならば、(今回のような犯罪は別として)誰それが嫁にDV疑惑だとか(しかもデマ)、誰それが番組収録中に帰っただとか、誰それが売れない時代を支えてくれた嫁子供を捨ててゲーノージンと再婚しただとか、そんなことだって大衆は興味がないのではないか。
そんなことばかり面白おかしく書き立てる。どういうつもりなのか。
アンチが多いから貶した方が受けるんだろうね。それも解っているんだけどね。
それでも何か釈然としないV系ヲタの独り言。
たぶん逆の立場から見たらとても馬鹿なことを言っているんだろう。



Posted at 05:05 | music | COM(0) | TB(0) |
2005.07.03

TVの編集と演出に簡単にノせられる私


Yahoo!ニュースでますた。


ミスターお帰りなさい…1年4か月ぶり東京ドームに姿


やば……長嶋茂雄・読売巨人軍終身名誉監督(69)、好きだけど、それは間違いないけど、そこまで思い入れがあるわけではないのに。
ちょっと胸にきた。
アテネ関連のエピソードとか相当やばい。


ところで今やってるテレビで「英語を駆使した独特の話術」という表現が。
ものは言いよう、ってこのことか……


そういえば下宿でTVつけたの2週間ぶりくらいだ。



Posted at 18:12 | diary | COM(0) | TB(0) |
2005.07.03

梅雨に降り続く雨の中で太陽を見たような


今!!
ニュースに、球場でファンに手を振る長嶋さんが流れた。
笑顔だった。
右手は、ポケットに隠していたけれども……
大丈夫だろうか。どうか無理はしないで。


多くの人が待ち望んでいた、私もその一人だが。
今夜の巨人×広島戦では声も聞くことができるかな?
アンチナベツネの私も、今日ばかりは巨人の勝利を願わずにいられない。



Posted at 17:19 | diary | COM(0) | TB(0) |
2005.07.01

カンガルーの肉をさばく男vs馬の乳で酒を作る女


弟のオーストラリア土産。



カンガルーの肉。
我が弟ながら素晴らしいチョイス。
彼的にはコアラのぬいぐるみがメイン土産だったようだが私にはいっそこれだけでもよかったよ。
別にオーストラリアの人々は普段カンガルーの肉など食べてはいないだろうが、人間その気になればなんだって食えるもんだなあと感心しきり。
味は普通のジャーキーだった。

オーストラリアには修学旅行で行ったそうだ。
私の学年がモンゴルだったことを思うと、公立高校の修学旅行もずいぶんとはいからになったものである。
モンゴルもよかったけどね。ビバ国交30周年。
晴れた空が、まさに「今にも降りそそぐような青さ」(from 『flower』 by L'Arc~en~Ciel/注・この曲の舞台がモンゴルというわけではない)で。
見事なものだった。
今でも秋の抜けるような青空を見上げるたびかの地を思い出す。
一度は見渡す限りの青と緑に囲まれてみるのも悪くないかと。
ただし、非常食は必携。



Posted at 18:07 | diary | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。