--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.01.21

STEEL BALL RUN #10

ゲーム告知のカラーページ、しっかり自分の目で確認しましたー。
ジョナサン、顔おかしいから!
ありだよ。ありだけどね!!
25周年ってすごいなー。まだ私生まれてないよ。
その間、ほとんど休みなく人間賛歌を書き続けてきたわけだもんな……
あらためて荒木先生に尊敬の念を抱いたり。

さて感想。続きを読む
スポンサーサイト

Posted at 23:30 | SBR | COM(0) | TB(1) |
2005.12.24

STEEL BALL RUN #9

「#9 大草原の小さな墓標(1)」

初見時、なんだか世界名作劇場のようなタイトルだ……と思ったのは内緒。

先月号で衝撃的な登場を飾ったホット・パンツ。もちろんスタンド使い。
(さすがに本名ではないようですね。ところでやはりネーミング by 自分なんですか?)
初めは誤解により攻撃的だったけれども、どうやら悪い人ではなさそう。
「共通の目的のために協力する」……少年漫画の王道。嫌いじゃないです。
今回を見る限りでは、かつてのイケメン的ポジションに納まるのでしょうか。続きを読む

Posted at 08:47 | SBR | COM(0) | TB(1) |
2005.11.22

STEEL BALL RUN #8

「#8 湖を越えろ」

ジョニィが突然説教を始めなければジャイロはディエゴに勝ってたと思う奴の数→()続きを読む

Posted at 13:11 | SBR | COM(0) | TB(0) |
2005.10.25

STEEL BALL RUN #7

「#7 ディエゴ・ブランドー(4)」

ついに恐竜化するスタンドの本体登場。
フェルディナンド、能力名「スケアリー・モンスターズ」
あのDio様が操られていたなんて!
プライド傷つけられて悔しがるDioもみてみたかったけど、飄々と恐竜化の能力を自分のものにしてしまうあたり、結構気に入っていたんでしょうか。
どうでもいいけど、わざわざ「フェルディナンド博士と呼べ」と言ったわりに、最後まで誰にも呼んでもらえなかったところが泣かせます。

それにしても彼、悪役のお約束というか、ずいぶんと色々なことをぺらぺら喋ってくれました。
「おっと! 少し余計なことをしゃべったのかもしれないな……」って、ジョニィが好奇心旺盛だったからいいものの、2chなら「誘い受ウザ」で一蹴されてしまいますよ。

まあそれはともかく、まず、遺体が約1900年前のものということが明かされました。
予想されていたことですが、やはり、バラバラになった聖人の遺体は、キリストのものとみて間違いないようです。

疑問なんですが、ジョニィが手に入れた左腕は、明らかにミイラです。
しかし「1900年前のものとは思えないみずみずしい遺体」というセリフがあるように、遺体の目玉はしっかりハリがあるんですよね。
かつて花京院も言ってましたが、眼球はかなりの水分を含んでいるので、左腕との差の説明がつかないような気がするんですが……
どうなっているんでしょうか。

さらに、遺体収集が国家規模のものであること、また、目的は国家の繁栄であるということも判明。
黒幕はあの大統領か。
万人に「尊敬される遺体」――
たとえばこの遺体が本当にキリストのものだとして、その尊敬はキリスト教圏外にも及ぶんでしょうか。
それとも遺体を集め、その全てのスタンド能力を備えた人物が新たな聖人として崇められるんでしょうか。
しかし「聖人認定は死後」という発言があった以上、その可能性はなさそうです。

ところでフェルディナンドはしきりに「尊敬」という単語を使っていました。
5、6部の「覚悟」に続いて、今回は「尊敬」がキーワードとなるのかもしれませんね。
「尊敬」という概念……
「尊敬」は「繁栄」……
「力」こそ「パワー」……(違)
うーん、アホ頭の私には正直よくわかりませんが。
それもこれから明かされてゆくのでしょう。

にしても今回は本当に燃える展開でした!
前回は萌えだったけど今回は燃え!
特に、ジャイロに目玉が埋まってゆくシーン。
Dio様のバク天。
もう、キタキタキタ━━━━━━って思わず身悶えするほどにかっこよかったです。
流れがすばらしい。

ついにジャイロもスタンド能力ゲットしましたね。
鉄球に目玉。
鬼に金棒、技術にスタンド。
あの能力は、回転している鉄球の、常に前方に視界が固定されていると考えていいんでしょうか。
でなければ、周りの景色を認識なんてできないでしょうし。
新たな攻撃用能力ではなく、あくまで自己の鉄球技の補助的能力っぽいのでよかったです。

そしてDioも目玉の片方を手に入れました。
彼のスタンド能力は恐竜化ではなかったわけですが、フェルディナンドがやられても半分恐竜化できたのが謎です。
あれがDioのスタンド能力だとすると、コピー、なんでしょうか。
彼の能力は。
でも正直なところ恐竜化はしっぽと、せいぜい足だけにしてほしいかな。
カオが怖いのと、あと……頭がチョコ先生みたいですよ……
あんなDio様、みたくないです。

それにしても一巡して因縁は消えたはずなのに、ジョニィはよっぽどDioのことが嫌いなんでしょうか。
最初Dioが襲ってきたときも速攻でテロリスト認定していたし、今回も「Dioは必ずジャイロを襲ってくる」って……
襲ってきた方が出番が増えて私が嬉しいですが、Dioは今復讐のためにレースの頂点を目指してるわけですから、そうそう戦闘している暇はないでしょう。
彼のDio嫌いはちょっと異常。
やはりジョースターの血、ということでしょうか。

そして、3rdステージも終盤へ。
思えばもう、1/3、レースが終わろうとしているんですよね。
これだけ長い距離、しかもジャイロ、ジョニィ、ディエゴは散々トラブッていたというのに、ゴール直前ではデッドヒート……
まあそのほうが面白いので全然いいんですけど。
久しぶりにちゃんと、レースっぽい駆け引きなんかも見たいです。
ジャイロはこれからかなりがんばらないと、総合1位は難しいですね。
私としてはDioの活躍を望みたいんですが、やっぱり主役だし、少年の命かかってるし。
現時点での順位表が出ていましたが、これ、ポイントがかなりめちゃくちゃな気がするんですけど。
スタンドバトルマンガになってしまって、レースの方がなおざりになってしまうのだけは避けて欲しいところです。

果たして3rdステージの覇者は?
イケメンはリタイアしてしまったのか?
ノリスケ・ヒガシカタは今後登場するのか?
(良く考えたら、この年代の東方って、全くジョジョとは関係ないんですけどね……)
次の遺体はどこに?
(目玉のTURBOと数列がヒント!?)

様々な引きを残しながら、また私の長い一ヶ月が始まりました。

Posted at 06:24 | SBR | COM(0) | TB(0) |
2005.10.14

STEEL BALL RUN #6

一週間もしないうちに次号発売ですが、UJ10月号、SBRの感想。

「#6 ディエゴ・ブランドー(3)」
扉絵:ジャイロ、ジョニィ、ディエゴザウルス、ディエゴアップ

ちびDio萌ええええぇぇぇぇぇッ(;´Д`)´`ァ´`ァ

金髪ジョルノをそのまんま幼くしたような外見(コルネはふたつ)だけど、溢れ出る純真さが軽く200倍は違います!
この世界のディオは確実に「生まれついての悪」じゃあありませんでした。
それが「このくそ田舎者どもッ!」になってしまうまでの、悲惨すぎるディオの過去。続きを読む

Posted at 23:27 | SBR | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。